【  リフォーム  】

・リフォームの重要性

災害対策意識が高まっている昨今。今お住まいの家が大丈夫なのか気になっている方は多いと思います。耐震補強工事などはもちろん、定期的にメンテナンスをすることはお住まいの強度および寿命を飛躍的に延ばします。


また震災以降、我が家で過ごす機会が増えたご家庭が多くなり、結果家の事に目を向ける人が増えたそうです。気分一新できる内外装の模様替え・生活地位向上できる水周りのグレードアップなど、この機会にあなたのお宅も考えてみませんか!!

・低予算のリフォーム

クロスの張り替え・畳の交換・フローリング張り替え・外壁塗装・タイルの張り替え・水周りの交換・バリアフリー工事・防蟻処理・ハウスクリーニングなど、些細な工事から大掛かりな工事までお客様の様々な要望に良心的な低価格にてお応えしております。是非ご相談ください!

●リフォームの一般的な価格相場

◎キッチンの価格相場  70万円~

・想定工事内容
(1) 既設壁付け型キッチンをI型システムキッチンに交換
(2) 商品グレードは普及品(スタンダード)タイプ。
(3) キッチン間口2,100mm程度を想定。
※廃材処分費、給排水接続、電気工事、ガス接続含む。

 

・内訳

対面式キッチンの価格相場  140万円~

・想定工事内容
(1) 既設L型キッチンをアイランドキッチンに交換
(2) アイランド部分はシンク仕様、吊棚なし
※廃材処分費、給排水接続、電気工事、ガス接続含む。
※壁の撤去等なし
                          

・内訳

洗面・トイレの価格相場  40万円~

・想定工事内容

(1) 1階と同じ場所の2階収納スペース(約1畳)にトイレを増設
(2) 洋式水洗仕様
※廃材処分費、給排水接続、電気工事等含む。

 

・内訳

ユニットバスの価格相場  80万円~

・想定工事内容
(1) 浴室1坪。ユニットバスサイズは1616もしくは1717
(スタンダードグレード)
※既存浴室解体、廃材処分費含む。
                       

・内訳

屋根の価格相場  90万円~

・想定工事内容
(1) 屋根平米125m²
(2) ガルバリウム鋼板

 

・内訳

外壁の価格相場  170万円~

・想定工事内容
(1) 外壁面積 150m²
(2) 総2階のお家の場合、延床面積30坪程度
(3) 窯業系サイディング(14mm塗装板)

 

・内訳

※または塗装工事なら80万円~可

一般的には、リフォーム工事費を構成しているのは「直接工事費」と「共通費(管理費、経費)」。

「直接工事費」は、さらに工事内容によって細かく表記されています。

●工事費の内訳を知る

 

①直接工事費とは

直接工事費には、大きく分けると材料価格、工賃とも呼ばれる労務費の

2種類が含まれています。見積書に記入されるときは、例えば、次のよう

な名称で記入されます。

材料価格  フローリング材、廻り縁材、システムキッチン代などの

       材料費

労務費  解体撤去費用、システムバス取り付け工事費、タイル工事費

      、仮設工事費、廃材処分費など。材料価格については、単価

      と数量(m²数、個数)が明記され。労務費については「一式」

      と記入されることが多くあります。

②様々な直接工事費の内容を知る


見積書に書かれている用語でわかりづらいものについて説明しましょう

③共通費とは

見積書に書かれる共通費の項目としては、「管理費」や「諸経費」

などがあります。管理費にはさらに、「一般管理費」と「現場管理費」

があり、一般管理費は本社経費など、現場管理費はリフォーム工事現場

での費用をさしています。この2つの管理費を合わせて諸経費として

表記する会社もあります。先にも述べたように、見積書の内容は各社で

異なるので、わからないこと、不明な点は納得のいくまで説明してもら

うことが大切です。

(参考:HOME´Sホームズ)

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

© 2023 by Real Estate Co. Proudly created with Wix.com